スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2018.08.02 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

災害と報道

ずいぶん久しぶりの更新になる。

 

今年も大きな災害が発生した。

近年、地震や豪雨が非常に多く、日本列島どこが安全とは言えない。

今回の豪雨では西日本の広い範囲で深刻な状況になっている。

筆者の知人も数人被災したり、一時避難したりしている。

 

困ったことには交通インフラが不通になっており、物資を送ろうにも手前までしか届かない。

被災地に住んでいる知人は毎日ポリタンクに水を汲んでいるそうだが、体力的にかなりきつい。食料品はスーパーが軒並み品切れ、先に書いたとおり交通インフラの不通により商品が入荷しない。

被災地を脱出しようにも交通手段がない。

 

在京テレビは避難場所や避難方法、インフラ等の状況についての詳しい報道はしない。ショッキングな映像や涙を誘うドラマばかり追いかける。

 

わが家は昨年あたりからテレビを観ていない。だからテレビでの報道についてはわからない。聞くところによると、在京テレビ局は西日本の災害よりもオウムの死刑を大きく取り上げているらしい。

阪神大震災の時となんら変わっていない。

あの時も、阪神大震災の報道が少し落ち着いた頃に「もし東京で地震が発生したら」という、被災地の人々の神経を逆撫でするような番組を報道し、その数日後に発生した地下鉄サリン事件で阪神大震災は無かったかのような扱いになった。

在京メディアからすれば地方の災害は自分達の住む首都圏ほどの価値がないのだろう。所詮、一地方の災害なのだろう。

 

あれからずいぶん年月が経過した。しかし、報道姿勢はまったく変わっていない。

ツイッターやフェイスブックのような、個人が投稿したり発信元や情報の信憑性に多少の疑念があるような情報の方が既存メディアよりも信用されたり利用される傾向になりつつあるということは、旧態依然たるマスコミが自滅しているようにも見える。

 

 

 

 

 


スポンサーサイト

  • 2018.08.02 Thursday
  • -
  • 03:39
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

links

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

selected entries

archives

recent comment

recent trackback

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM