スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2017.09.17 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

偽物にご用心!

筆者は選挙の度に、「政党ではなく、人」と言っている。

なぜなら、同じ政党内でも色んな考えの人がいるから。

わかりやすい例を挙げると自民党。憲法改正を目指している議員もいれば、逆に護憲派や中国等との密接な関係を持っている議員も。
また、思想信条が同じ方向性でも人間性はまた別です。立派な人物もいれば、その逆もいます。

「自民党より右」を自認している次世代の党。政治に関心のある人から見ればその通りだろう。自民党安倍内閣のお尻を叩いているようにも見える。
しかし、そのような政党にさえ、表面的には保守を装いながらも決してそうではない人も在籍している。

人を判断するのはなかなか難しい。政治に限らずその人の人柄や本性は見えにくい。
日頃人に言っていることとその人の本心が全く違うことも、実は結構ある。

日本を好きだと言い、いかにも保守陣営が喜びそうなことをネットで発信していても決してブルーリボンバッジを着けず、バッジや活動そのものを揶揄する自称保守議員。首相を揶揄していながらその首相率いる自民党から立候補したのはおかしいといわざるを得ない。

次世代の党に所属していながら選挙の際には革新政党に投票する人物。かつて所属していた政党からのノルマを果たせず逆恨みをして離党。協力してくれる人を次々と裏切り恬として恥じない厚顔。次は維新の会入りを目論んでいるそう。誰と揉めて誰を裏切るか?

政治思想、政策とも保守ではあるが、プライベートでは態度が悪く、人に世話になっても何とも思わず、人情に欠ける人物。あるいは選挙の度に支持者・後援者とトラブルを起こす者・・・・

他にもまだまだ「偽物」がいる。
国政にも地方にも政治家志望者にも。そして、いわゆる「自称・保守」の人達の中にも。

筆者はこれまでたくさんの「偽物」を見てきた。一時は信用したり協力したこともある。信用したり協力したものの裏切られ大変な迷惑を蒙って来た。顔に泥を塗られ、経済的にも大変な損害を受けたりもした。

何度も会って話をすれば、彼らが本物ではないことがわかるのだが。なかなか難しい。
身近なところまで接近してはじめてわかることも少なくない。

皆さんも「偽物」にはくれぐれもご用心!



 

スポンサーサイト

  • 2017.09.17 Sunday
  • -
  • 13:28
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

links

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

selected entries

archives

recent comment

recent trackback

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM