スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2018.08.02 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

保守の悩ましい状況

ずいぶんご無沙汰しています。

拙ブログに久しぶりにログイン、ついでにアクセス数を見てみる。
いまやほとんど更新していないのに、まだ3桁どころかそれなりのアクセス数に驚くばかり。
読者諸兄姉には申し訳ない気持ちになる。すみません。

あちらでは書けないような内容を始め、たまにはこちらも更新しようと思う。

いわゆる保守活動を始めて数年になるが、最近つくづく保守が団結するのはきわめて難しいと思う。
自分のことより国の為に何かをする、あるいは誰かをバックアップして自分は退くという人がほとんどいない。
我が我がという人が非常に多く、小さな「1人団体」が雨後のた筍の如く出現している。
その結果、聞いた事もない団体ばかりが増え、国を良くするための活動は何もせず立派な名刺とネット上での「勇ましい活動」だけというのが目に付くようになった。

また、ネット上での「勇ましい発言」は、それらの多くが他者を不愉快にする。「○○人は出て行け!」始め差別的で過激、下品な書き込みが増えており、若者だけではなく中高年にまでその傾向が多い。
筆者も知り合いの「ネット勇者」に注意を促すが、聞き入れてもらえないことが多い。
彼らは反日国や左翼系議員を口汚く罵るのが正義であるかのように勘違いしているが、それらの言動が世間一般の人々に嫌悪されていることに気づいていないのだ。

いわゆる保守の欠点は、世間一般の人々に共感してもらえる表現力に欠けるということ、そして極めて独善的であるということだろう。
このままでは、いずれ大変なことになりかねない。

どうすれば良いか、悩ましい状況が続いている。


 

スポンサーサイト

  • 2018.08.02 Thursday
  • -
  • 10:17
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

links

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

selected entries

archives

recent comment

recent trackback

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM