スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2019.03.02 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

日本をダメにしているのは、左翼と反日国、そして・・・・?

 「自称・保守」には人の足を引っ張ったり利用しようとする人が実に多い。
自分の意見を押し通すことが目的なのか、「よく知っていますね」と言われたいのか、何をしに保守系団体の会合や行事に参加しているのかわからない人も少なくない。

「左翼は少しでも共通点があれば話そうとするし説得を試みる。保守は8割以上も互いの意見が合っていても1割違えばもめて互いに叩き合う」とは、ある政治家の言。
なるほど、その通りと言わざるを得ない。

だから、保守団体はどれも小さいのだろう。

ある老舗団体の勉強会に参加したときのこと。70代半ばと思われるトップが我々に向かってこう言われた。
「今こそ“赤狩り”をしなければならない。諸君ら若い人達はレッド・パージをしなさい!」
過激な団体ではないと聞いていたが、まあなんとも苦笑せざるを得ない。

この御仁。ではご自分は若い頃共産党の連中と戦ったのだろうか? 刑務所に長い間入っていたのだろうか? 腕の一本くらい無くしていてもおかしくなさそうだが、五体満足。ぴんぴんしている。
自分が若い頃大したことをしてこなかったくせに、他人に対してそのような無責任なことを言うのが果たして保守だろうか?

別の団体。
そこのトップは表面上はニコニコしているが、裏では他人の悪口を言うのが生きがいのような人物。常に誰かを攻撃、気に入らない人間は罠に嵌めてまで攻撃する。それこそ、息を吐くように嘘を平気でつく。
そのような人物のもとには40代から70代までの取り巻きがおり、いつも顔色を窺っている。
離れたところから見ると滑稽なのだが、本人達は至って真面目。
自分が勤める会社のトップでもなければ上司でも取引先でもないのに、その団体のトップのご機嫌を損ねまいと懸命。

だから、自ら進んで他団体の妨害やらスパイもどきの情報収集、つまらぬ噂を広める手伝いもする。

これらの例を見るだけでも、「これが保守?」と首を傾げざるを得ない
保守以前に人として間違っているだろう。

こういう「自称・保守」を見ていると、日本をダメにしているのは左翼や反日国同様、この手の連中だと断言できる。




スポンサーサイト

  • 2019.03.02 Saturday
  • -
  • 02:28
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

links

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

selected entries

archives

recent comment

recent trackback

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM