欠陥商品を販売し続けるメーカー

欠陥商品や消費期限切れの商品を販売し、それが露顕すると、そのメーカーは間違いなく経営危機に陥る。

もう何年も前のことだが、雪印乳業は社長が思わず言った「私は寝てないんだ」という一言が、“記者”に火を点けた。

「こっちも寝てないんですよ!」

それがどうした?

雪印乳業の社長と記者の「寝ていない」の内容は全く違う。

杜撰な衛生管理で集団食中毒を起こした雪印乳業に原因があるのは、言うまでもない。

だが、このやりとり以降のマスコミによる「雪印叩き」は度を越していた。

当時、このやりとりを何度もテレビで観て、これで雪印は倒産するまで叩かれると思うと同時に、記者の人間としてのレベルの低さに腹立ちを禁じ得なかった。

三菱自動車や不二家も徹底的に叩かれ、いずれも経営危機に陥った。

ほとんどのメーカーは業種を問わず、まずはお客さんに喜んでもらい、さらには安全を保つべく、細心の注意を払っている。

それはマスコミに叩かれるからではなく、それがメーカーの義務であり、また良心でもある。

「零細企業経営者の闘魂日記」のDr.Mさんも、日々お客さんの健康と商品の安全、品質管理を第一に考えておられる。
http://www3.diary.ne.jp/user/331246/

周りを見渡すと、近隣に、粗悪品を平気で販売して「騙される方が悪い」と言い放つ国もあるが。

このような国は、いずれ傾く。

さて、我が国にも「粗悪品」を平気で販売し続けながら、反省も謝罪もせず、ふんぞり返っている「メーカー」がある。

その「メーカー」は、お客さんに「買ってもらっている」という意識ではなく、「提供してやっている」と思っているようである。


朝日新聞


昨日の日記で書いたように、安倍総理を誹謗中傷し、「とりあえず」謝罪のふりをした。

と思ったら、その翌日、つまり今日、またもや「粗悪品」を世に出した。

「A級戦犯合祀 御意に召さず」
昭和天皇が不快感
卜部侍従日記に


昭和天皇に仕えた故卜部亮吾元侍従の日記に、昭和天皇が靖国神社への参拝を取りやめた理由について「直接的にはA級戦犯合祀が御意に召さず」と記されていることがわかった。

昭和天皇がA級戦犯合祀に不快感を示していたことは富田朝彦元宮内庁長官の日記で明らかになったが、その事実が改めて確認された形だ。(略)〈引用終了〉


この記事には陛下に対する敬語が全くない。

記者だけでなく、デスクも整理部も、上層部も含めて、日本語をきちんと習って来なかったのだろう。

また、我が国を護るため散っていかれた英霊方を祀る靖国神社への参拝を否定するような記事を恥知らずにも書き続けている。

朝日新聞は「製造ないし商品知識のない素人が、商品を作っている」ということになる。

普通、メーカーではあり得ないことだろう。

上から下まで誰も知識がないなんて。

だから、平気で「粗悪品」「欠陥商品」を濫造し、反省もしないのだ。

公共電波も然り。

NHKも9時のニュースで、この記事を垂れ流した。

この局も「欠陥商品」濫造メーカー。

他にもテレビ朝日やTBSなどシナのメーカーを手本にしたメーカーが、マスコミにはたくさん存在する。

だが、いずれも経営危機に陥るまで叩かれず、また誠心誠意謝罪することもなく、ふんぞり返っている。

日本のメーカーの技術力は世界一と評価されている。

製品のレベルはもちろん、故障の少なさが評価される大きな要因でもある。

だからこそ、欠陥商品に対する反感も強い。

いくら欠陥商品を出しても倒産しないマスコミ。

だが、あまり調子に乗っていると、いずれ手痛いしっぺ返しに遭うだろう。


さて、欠陥メーカーの看板商品である「天声人語」について書かれている、はぶて虫さんの著書を読むとしよう。

スポンサーサイト

  • 2017.09.17 Sunday
  • -
  • 19:58
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
お久しぶりです、管理人様。pychanです。その後○芝系列の代理店は、機器の取り扱いを以下のように止めたようです。以下ホームページからの説明コピーです。ネットで検索すれば分かります。

【2010/04/01】 セキュリティ製品販売・工事についての取扱を休止します。

管理人様へ:
この世で一番強いものは、堅実と誠実さです。
どんな政治家よりもそして宗教家よりも勝ります。
すなわち、神や仏以上です。

以上
  • pychan
  • 2011/11/11 5:19 PM
pychan様、お久しぶりです。

現在大変な状況ですね。

一度失った信用を取り戻すことは、新たに信用を得るよりも大変だと思います。

至誠を尽くす

これ以外にないのかも知れません。

くれぐれもご自愛ください。

  • 二代目弥右衛門
  • 2008/05/02 7:10 PM
管理人様

ちょうど1年程経ちましたが、その後の経過をご連絡致します。


>欠陥商品や消費期限切れの商品を販売し、それが露>顕すると、そのメーカーは間違いなく経営危機に陥>る。

まさに、その通りとなりました。各代理店からは信用を大きく失い。現在は、新規の代理店獲得に力を入れています。

経営状態ですが、売り上げは伸びず、また本年度より大幅に売り上げが落ち、銀行からの融資、数千万のみで、自転車操業の時期に入りました。

従業員(社員)も、次々と退職をし、経営方針・経営状態・先の見通しが判断ができないような人材が新たに会社に入ってきています。


一先ずご報告とさせて頂きました。









  • pychan
  • 2008/04/28 8:14 AM
pychan様、有難うございます。

お金は大切ですが、金の為なら欠陥商品でも平気で販売したり、「コスト削減」の美名の下、必要なコストまで削減するような風潮は、いずれわが国経済を崩壊させる恐れがあります。

古き良き時代に戻るのは不可能かもしれませんが、一部には心ある経営者もおられます。

心ある経営者のおられる企業が伸び、金儲け第一主義の企業を駆逐してもらいたいものです。
  • ハゲリーマン
  • 2007/05/14 11:19 AM
ネットで検索しましたら、こちらがヒットしました。企業が欠陥商品を生み出し、そのまま販売するのは金の追求だと思います。

私も、某入退室管理システムを輸入販売する商社の内情を知っておりますが、同じ「欠陥商品」の販売です。欠陥といっても、ただ電子機器が不具合を起こすだけではなく、「発熱」が起こっていました。火災にでもお客様のオフィスがなったらどうするんだろうとの思いでした。販売代理店も、欠陥商品と気がついていても、現在でも「金」の追及のみにその企業の商品を販売しています。それも、大大手○芝系列の代理店が一番積極的に。現在でも、日々いたるところでシステム不具合を起こしているにも関わらず、、、。「金」怖いですね。「お客様可愛そうです」。今、売れない商品が、なぜ来年売れる、、、。今売れない商品が、なぜ再来年売れる、、、。「人材の質」。「お客様を欺いて、なぜ利益が上がる」、「社会・地域に貢献できないで、なぜ事業が拡大する」
  • pychan
  • 2007/05/13 5:52 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

links

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

selected entries

archives

recent comment

recent trackback

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM